秦野市の歯医者さん

あおぞら歯科      急患随時受け付け

■あおぞら歯科の考える医療理念

あおぞら歯科では患者さん一人一人のライフスタイルに合わせた治療を心掛けてます。


人間は歳を重ねたり、身体を酷使することにより色々なところに不調和が起こります。


口腔内も同じであり、歯や歯周組織も歳を重ねるごとに変化をしますし、口の中は様々な物が入ってくる過酷な環境であり、日々歯を酷使しています。


また、補綴物は人工器官であり劣化は免れません。


だからこそ定期的なメンテナンスが必要であり、その人その人に合わせた治療の介入次期もあると思います。


色々な問題があるのは分かっていても、それらを治療する次期は様々です。今やらなければならないこともあるでしょうし、リスクを理解した上でもう少し先に延ばすこともあります。
思いの外、長く平気なこともあります。


何でもかんでも最善を目指すのではなく、悪いところは分かっていても病気と付き合っていくこともあると思います。


医学は日進月歩で、常に進化してます。
ただし、最新の医療が最善であり、その患者さんに合う医療とは限らないのです。
もちろん、医療従事者として、常に最新の知識を身につけておくことは必要ですし、常に研鑽を積むことは大事です。


治療に際しては、先ずは応急処置をさせて頂き、その後は今ある問題点を検査し、診断したうえで、患者さんと何度かお話をし、どこまでの治療を望まれるのかを一緒になって考えて行きたいと思ってます。


補綴治療において、先ずは機能を優先させて頂きます。
歯は咀嚼、発語、嚥下をするための器官です。
補綴物は咀嚼、発語、嚥下をするための人工器官です。


機能をクリアした上で、審美が可能であればそれを目指すのも良いでしょう。
機能なき審美は美容です。
歯科治療は医療です。




私達の最大の喜びは、そこに補綴物があることを意識せず、日常生活を差し障りなく過ごして頂ける事です。
何不自由なく物が食べられ、会食や会話を楽しんで頂けること、当たり前のことを当たり前にできることを第一に考えます。


人生の色々なタイミングで、口腔内に起こった問題を、そばに寄り添うようにして一緒になって解決したいと思います。

医院長 宮本 英範